ご予約無料WEB相談

ご予約
無料
WEB相談

診療カレンダー

診療
カレンダー

Invisible 目立たない矯正

目立たない矯正とは

目立たない矯正とは

矯正治療の方法で以前からある一般的なものは「表側矯正」です。歯の表側にブラケットという器具をつけ、そこにワイヤーを通すことで歯を動かします。症状を選ばずほとんどの歯並びを治せますが、装置が目立ってしまうので審美性を気にされる方が多いという問題もあります。
しかし近年では、そのデメリットを解消する透明や白色の装置が開発されるようになりました。歯の表側につけるという点は変わりませんが、歯に近い色の装置なので金属のものより目立たないというメリットがあります。また、表側矯正の機能性が維持されているので、ほかの装置では対応できないような症例の治療もできます。
「難症例を目立たない装置で治療したい」という方に適した方法です。

こんな方におすすめです

  • 気づかれにくい矯正治療をしたい方

    気づかれにくい矯正治療をしたい方

    表側につける矯正装置ですが、透明や白色で歯になじむので、金属のブラケットのようにギラギラと目立つことがなく、周りの人から矯正治療中であることを気づかれにくくなります。

  • 人前に出る仕事をしている方

    人前に出る仕事をしている方

    営業職や接客業に就いておられる方、芸能活動をされている方など人前に出る仕事をされている方でも、装置が目立たないので口元の審美性を気にせずに治療を続けられます。

  • 治療が難しい歯並びの方

    治療が難しい歯並びの方

    一般的な表側矯正と同じ仕組みで歯を動かせるので、ほかの装置では治療できないと判断された方や難症例の型でも、ほとんどの場合美しい歯並びへと改善できます。

目立たない矯正の
メリット・デメリット

メリット

  • 通常の表側矯正装置と比べると目立たない

    透明や白色の歯に近い色のブラケットをつけるので、歯の表側にあっても金属のように目立ちません。

  • マウスピース型矯正装置に比べると幅広い症例に対応できる

    表側矯正装置の機能性がいかされているので、難症例を含めほとんどの歯並びを美しく整えられます。

デメリット

  • 通常の表側矯正装置に比べると費用が高額になる

    ブラケットが金属以外の材料でできているので、一般的な表側矯正装置よりも費用が高額になります。

  • マウスピース型矯正装置に比べると装置が目立つ

    透明や白色のブラケットとはいえ、歯の表側に装置をつけるので、マウスピース型矯正装置より目立ちます。

目立たない表側矯正装置

目立たない表側矯正装置

以前は銀色の装置が主流でしたが、ギラギラと目立ってしまうことから透明や白色といった歯に近い色の装置やワイヤーを選択できるようになりました。当院では、セラミック、ポリウレタン、サファイア、プラスチックなどさまざまな種類をご用意しています。いずれも銀色の装置やワイヤーだけを使用するのに比べ、大幅に目立たなくなります。ある程度目立たなければよい、という方におすすめです。

矯正相談Counseling

歯並びでお悩みの方、お気軽にご相談ください。
セカンドオピニオン相談もお受付しております。

3Dデジタルシステムを利用した、患者さまにできるだけ負担の少ない、
適切な矯正治療をご提案いたします。

tel.0943-25-6057
ご予約 無料WEB相談

ご予約・相談受付中!フォームよりお問い合わせください

友だち追加

オンライン無料相談受付中!LINEお友だち登録後、お返事します

矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用

  • 機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  • 最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
  • 治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に1年半~3年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1~2年半を要することがあります。
  • 歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
  • 装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
  • 歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
  • ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
  • 治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
  • 歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
  • 装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
  • 顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
  • 加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
  • 矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。
ページアップ