デジタルシミュレーションを活用した デジタルシミュレーションを活用した

スタッフ 写真

デジタルシミュレーションを活用した矯正治療とは

スタッフ 写真デジタルシミュレーションを活用した矯正治療とは、デジタルテクノロジーを用いた、3Dデジタル矯正システムです。患者さまのお口の中の立体的な画像をスキャニングして口腔モデルを作成し、コンピューター上で細かな診断や治療のシミュレーションを行なっていきます。

デジタルシミュレーションを活用した矯正治療の特徴

顎の骨や歯根まで、あらゆる角度から可視化できます。

顎の骨の厚み・歯根の形態など、口内をより細かく把握することができます。あらゆる角度から可視化できますので、歯科医師の勘や経験に頼ることのない、的確な診断が可能となります。

複数の治療シミュレーションを行なうことができます。

患者さまの診断用モデルを使用し、コンピューター上で自由に歯を移動させ、最終的な目標の歯並びを複数のプロセスでシミュレーションしていきます。そして、患者さまのご要望に沿いながら、できるだけ負担の少ない、効率のよい治療プランを選択することができます。

患者さま自身も治療完了までの様子を詳しく把握できます。

治療プランのシミュレーションをご覧いただけることはもちろん、治療完了後の歯並び・噛み合わせを、患者さま自身がしっかりと目で見て把握することができます。そのため歯科医師とのコミュニケーションもとりやすく、信頼関係も深まります。

デジタルシミュレーションを活用した矯正治療の流れ

当院でのデジタルシミュレーションを活用した矯正治療の流れをご紹介します。当院では、まずデジタルシミュレーションを活用して治療計画を立て、それぞれの患者さまに適した矯正治療を実施していきます。


3D CBCT

3D CBCT 写真3D CBCT 写真高精度のX線装置です。これにより骨や歯を含む3次元のバーチャルモデルが作成できます。そうすることで、骨、歯肉の露出などをさける様に考慮をして、安全な治療を目指します。

光学スキャン

光学スキャン 写真光学スキャン 写真白色光で目に優しいスキャンシステムです。充填物や歯の咬み合わせのスキャンデータを採得します。

軟組織スキャナー(morpheus)

軟組織スキャナー(morpheus) 写真軟組織スキャナー(morpheus) 写真白色光によるスキャンです。顔全体をスキャンすることができます。

バーチャル患者(Virtual Patient)

morpheus 写真このようなバーチャル患者を生成することにより先を見越したより安全で効率的な治療が可能となるのです。


治療前に綿密な治療計画を立て、それに沿って治療を進めていくため治療途中の想定外なトラブルを出来る限り少なくでき、トラブル処理に割く時間を減らせるため、結果として治療期間の短縮が出来ると考えております。

  • ラビアルラビアル

    ラビアル

    詳しくはこちら詳しくはこちら
  • リンガルリンガル

    リンガル

    詳しくはこちら詳しくはこちら
  • アライナー型矯正(歯科)装置アライナー型矯正(歯科)装置

    アライナー型矯正
    (歯科)装置

    詳しくはこちら詳しくはこちら

院長 写真

当院では、
デジタルシミュレーションを活用した矯正治療を積極的に取り入れています。

院長 写真矯正治療は、幅広い知識・数多くの治療経験がなければ、より良い結果を生み出すことはできません。当院では、長年積み重ねて来た経験をもとに、「デジタルシミュレーションを活用した矯正治療」を取り入れ、患者さまへより良い矯正治療をご提供していけるよう努めております。

そして、この治療システムを通じて、より多くの方が美しい歯並び・正しい噛み合わせとなることを願っております。ぜひデジタルシミュレーションを活用した矯正治療をご検討ください。 まずは詳しくご説明させていただきます。

  • TEL 0943-25-6057TEL 0943-25-6057
  • ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ