はじめての方へ はじめての方へ

歯並びの重要性について イメージ写真

歯並びの重要性について

歯並びの重要性について イメージ写真人はそれぞれ顔かたちが違うように、歯並びもー人ー人で違っていて、きれいな歯並びの人もいれば、ちょっと問題のある、悪い歯並びの人もいます。では、悪い歯並びだとどうなるのでしょうか?


虫歯や歯ぐきの病気になりやすい

歯が重なりあっていたりすると、食べ物のカスが歯にたまりやすいうえに歯磨きがし難いため、虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。

物がかみにくい

歯並びが悪いとどうしても物がかみにくく、消化不良などの原因となり、からだ全体の健康や発育にも悪い影響を与えてしまうことがあります。

あごの成長を妨げる

歯並びが悪いとあごの成長にも影響し、顔が左右対称ではなくなったリします。また、あごの辺りに痛みを感じたり、口を大きく開けられないといった顎関節症になったりします。

正しいはっきりとした発音ができない

ひどい出っ歯やうけ口、歯がかみ合わないといった問題のある歯並びの場合、サ行、タ行、ラ行の発音が悪くなり、将来、歌手やアナウンサーなど言葉の発音が重視される職業を目標とする場合はハンディになることがあります。

心理的な影響を与える

歯並びが悪いと、そのことを気にして人前で話したがらなくなったり、容姿を気にして友達との付き合いや、人前に出る行事への参加も消極的になったりしてしまいます。

このように歯並びが悪いと、口の中だけでなく健康面や精神面というようにからだ全体に悪い影響を与えます。歯列矯正治療とは、歯並びやかみ合わせの悪いところを、口の中に矯正装置を入れるなどして治していくことです。自分の歯並びについて少しでも気にしている人は一人で悩まず一度、専門医に相談してみるのが一番です。きれいな歯になって、素敵な笑顔で健康にあふれた毎日を手に入れましよう。

日本では可愛いとも言われる「八重歯」ですが、西欧では「ドラキュラの歯」とも称して忌み嫌われ、 未だ小さい頃から矯正歯科で治療するのが一般的です。
お子様の将来を考えた術の一つとして、矯正治療をご一考頂けましたら幸いです。

歯列不正の原因 イメージ写真

歯列不正の原因

歯列不正の原因 イメージ写真歯列不正は、歯の大きさと顎の骨の大きさのバランスが悪く、歯の大きさに問題がある場合と、頭の骨自体の大きさに問題を抱えている場合があります。


  • 1遺伝的なもの。子供はご両親の歯並びにおのずと似てしまいます。これは、歯や顎の大きさが遺伝してしまうからです。
  • 2永久歯と生え代わる前に虫歯などで乳歯を抜き、その後適切な処置を受けずにそのまま放置した場合。
  • 3指しゃぶりや類杖をつくなどの悪い習慣を続けて、顎の骨が変形してしまった場合。
  • 4アレルギー性鼻炎、扁桃肥大や舌が大きく鼻腔通気道障害があり、ロ呼吸している場合。
  • 5食生活の大きな変化。

ファミリーレストラン、ファーストフードなどのメニューのほとんどは、なにも噛まずに丸呑みしてもその80%は消化されてしまうそうです。スパゲティー、麺類、カレー、ハンバーグなどいずれも子供たちの大好きなものですが、昔は、スルメ、煮干し、小魚などの固い『歯ごたえ』のあるものが食卓を賑せていたはずです。『ものを噛む』ことは顎の骨に大きな影響を与え、子供の頭の骨は噛む力が加わることで成長します。ですから成長期には、『ものを良く噛む習慣』が大切なのです。

当院の治療の進め方について

それぞれのケースにより、治療期間、費用、装置は異なります。まずは お気軽にご相談ください。
矯正治療の進め方を簡単に説明しましょう。


初診相談

初診相談 写真 約30分~1時間
相談は治療に関する心配や疑問を聞くことから始まります。

検査

CT 写真 約2時間
希望があれば精密検査 (レントゲン、写真撮影、歯型の採取、 顎運動記録、筋電図など)を行い、この結果を元にして最良の治療計画をたてます。期間、費用や支払方法など、あらゆる面で納得して治療を受けていただけるよう、充分に話し合って決定します。

治療計画の説明

院長 写真 約30分~1時間
治療に入る前の重要なステップに歯磨き指導、及び、口腔内の清掃があります。虫歯や歯槽膜漏にならないよう正しい歯磨きができるようになったら、治療の間始です。治療にかかる時間は、矯正装置を初めて装着する日には約1~2時間程かかります。その後は、治療内容にもよりますが、15分から 1時間程度、2~8週間ごとの来院となります。

矯正治療

治療風景 写真 約1~2年
治療装置は一人ひとりにあったものを使います。口の中に使う装置は、歯を正しい位置へ移動させるために、適切な力がかかるように設計されています。ほとんどが固定式の物で、一本一本の歯に接着させます。この装置が歯や歯ぐきを傷付けるつけることはありません。治療期間は、患者さんの顔の骨格や歯並びの難易度によって大きくかわります。

保定

リテイナー イメージ写真犬歯間固定装置 イメージ写真 約1~2年
詳しくは診断時にご説明しますが、目安としては、でこぼこな歯並びの患者さんの場合、一年半から二年くらいかかります

  • TEL 0943-25-6057TEL 0943-25-6057
  • ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ